システム職人Home   法人のお客様   個人のお客様   レンタルショッピングカート 

屋さん.com ショッピングカート システム職人のレンタル多機能ショッピングカート(買い物かご,買物カゴ) アクセス解析付!!

 屋さん.com カート Home
 カート単品レンタル
 サーバ付パッケージ
 カート導入方法
 レンタル価格表
 カート・デモ
 よくある質問
 レンタルご注文・お見積
 このサイトについて         
 特定商取引法表示
 プライバシー・ポリシー
 
クロネコ@ペイメント
決済に標準対応!

クロネコ@ペイメント

SSL暗号化対応!
RapidSSL サイト証明書を使用しています

ドットコムマスター
2003ダブルスター
有資格者がサポート!



 

カート導入方法

カートを導入するにあたって、このページで説明するものの準備が必要です。

1.商品画像のサムネールを用意する

カート画面内に商品のサムネール(縮小画像)を表示する事が可能です。カート画面内では、画像の縦の高さが50ピクセルになるように表示されます。この時、縦横の比率はオリジナルと同じに保持されます。
これからサムネールを作成する場合は、縦が50ピクセルになるように作成される事をお勧めします。
サムネールを表示しない事も可能ですので、その場合はこの作業は不要です。

2.各商品の商品コードを考える

各商品に商品コードが付いていない場合は、商品コードを考案して付けます。
商品コードは半角で20文字以内です。使える文字は英字と数字と記号(-().#~[]{};)です。将来の互換性を考え、記号の -() 以外はなるべく使用しない事を推奨します。英字の大文字と小文字は別のものとして認識されます。
尚、商品にJANコードが付いている場合でこれを使用する場合は、「JAN4569951116179」「JAN49968712」などのようにする事を推奨します。EANコード、UPCコードなどの場合も同様です。
ISBNコードの場合は、「ISBN4-08-772462-X」のように、そのまま使用する事を推奨します。

3.当ショッピングカートの利用を申し込む

全ての商品について上記の用意ができたならば、当ショッピングカートの利用のお申し込みをお願いします。
弊社でのアカウント開設の作業が完了し次第、オーナー様専用のアカウントIDとパスワード、それらを入力してログインするページのURLをお伝え致します。

4.各商品を登録する

ログインした後の画面(コントロールパネル)に、商品メンテナンスの画面がありますので、全ての商品について登録の作業を行って下さい。
登録する項目は、商品コード・商品名・税込単価・在庫数量などです。
サムネールの画像ファイルについても、同じ画面でアップロードを行います。

5.商品案内のページを作成

商品の紹介をするページを作成します。商品をカートに入れる部分はHTMLの「フォーム」で表現します。
フォームの凡例は下記の通りです。

<FORM action="http://www.ya-san.com/order/" method="post">

<INPUT type="hidden" name="func" value="add">
<INPUT type="hidden" name="sid" value="(ショップID番号)">
<INPUT type="hidden" name="pi" value="(商品コード)">
<B>数量</B>&nbsp; <INPUT type="text" name="qty" size="5" value="1"> <B>個</B>
<INPUT type="submit" value="この商品をカートに入れる">

</FORM>
ショップID番号は、各ショップ様固有の番号で、カート契約後にお知らせします。
もちろん、「この商品をカートに入れる」の文言は別のものでもかまいませんし、画像でもかまいません。

下記を追加すると、カート画面上の「前のページに戻る」をクリックした時のURLを特別に指定する事ができます。
<input type="hidden" name="bt" value="(戻り先URL)">
「名入れ」や「細かいサイズ指定」などのオーダーメイド商品の場合は、下記の記述を追加します。
この記述の値(value)の部分は、下記のように、詳細項目とその値を(コロン)区切りでペアにし、そのペアを必要なだけスペース区切りで列挙します。
<INPUT type="hideen" name="pdetail" value="(詳細1):(値1) (詳細2):(値2) (詳細3):(値3) ・・・">
具体的な指定の例として、当サイトのデモショップで印鑑の注文を行って頂き、「この商品をカートに入れる」ボタンのあるページが表示されましたら、そのページのソースを参考にして頂けます。

これらのHTML文は、オーナー様専用のコントロールパネル画面から「HTMLガイド」の画面を開けばいつでも参照できます。

6.「カートの中身を見る」を各ページに貼り付け

「カートの中身を見る」は普通のリンクです。テキストリンクでも画像リンクでもかまいません。
リンク先のURLは下記の通りです。

http://www.ya-san.com/order/?sid=(ショップID番号)

このHTML文は、オーナー様専用のコントロールパネル画面から「HTMLガイド」の画面を開けばいつでも参照できます。

7.「リンク元情報収集用プローブ」を各ページに貼り付け

「リンク元情報収集用プローブ」を動作させる為に、収集が必要なページに専用のHTML文を貼り付けて下さい。
収集が必要なページとは、検索エンジンなどで、外部からお客様が訪れる可能性のあるページです。
このプローブはアクセス解析の為のリンク元URLの収集を兼ねています。
専用のHTML文は、オーナー様専用のコントロールパネル画面から「HTMLガイド」の画面を開けばいつでも参照できます。

このプローブを貼り付けたページのURLに「?aid=何らかの番号」を追加したURLでリクエストされますと、この番号をリンク元識別番号として取得します。

このプローブを貼り付けるページはSSI(サーバサイド・インクルード)のぺージにする事をお勧めします。(通常は拡張子.shtmlです。)
SSIページですと、リンク元識別番号の有無にかかわらず、リンク元のURLを取得します。PHPやASPなどのサーバサイド・スクリプトのページでもかまいません。

SSIでもサーバサイド・スクリプトでもない通常のページ(拡張子.htmlなど)の場合は、リンク元URLを取得する事ができませんので、アクセス解析の収集もできません。





ショップを開店させる為の一般的な手順

1. ショップの名称とドメイン名を考えます。ドメイン名は速い者勝ちなので、良い名前があれば先に押さえておくと良いでしょう。
この時点で弊社の「カート無しプラン」をお申し込み頂きますと、後々何かと便利です。

2. サイトのコンテンツを作成します。特定商取引法表記とプライバシーポリシーも先に作っておきます。トップページは最後に作るのが良いでしょう。
商品のページでは、「カートの中身を見る」と「この商品をカートに入れる」の部分については上記「カート導入方法」の5と6のHTML文を使用します。

この時点でWebスペース(レンタルサーバ)を確保していない場合は、どこか仮の場所にアップロードします。
一連の作業はWebデザイナーに依頼する事もできます。打ち合わせが頻繁に発生するのでお近くの方が良いでしょう。
Webデザイナーの方にこのページのURLをお伝え下さい。

3.

クレジットカードの決済を「クロネコ@ペイメント」にする場合は、ヤマトファイナンシャル株式会社に申し込みします。
同社の営業員が訪れますので、仮アップ場所(URL)と連絡先メールなどをお伝えします。
この時点で特定商取引法表記のページが出来ている事が必要です。この時、初期費用として契約書類用の印紙代が必要です。
同社とクレジット会社の審査を通過する為に、この日から3〜4週間が必要です。

4.

上記の「カート導入方法」の作業を行い、弊社にカート使用をお申し込み下さい。
販売担当者のメールアドレス(公開)、受注メール受取用のメールアドレス(非公開)を用意して下さい。

5. ヤマトファイナンシャル株式会社から開始の案内が届きましたら、加盟店コードをカート管理画面にセットして下さい。
また、ヤマトファイナンシャル株式会社のサポートセンターにメールで下記の事をお知らせ下さい。

  ・「リンク設定URL」として弊社が指定するURL
  ・ショップの正式URL
  ・販売担当者のメールアドレス(サイトに表示しているものと同じで良い)
  ・同社との連絡用メールアドレス(受注メール受取用と同じで良い)



「システム職人」は弊社の登録商標です
屋さん.com ショッピングカート Copyright (C)2004-2015 System Shokunin Inc.